MENU

CLOSE

長時間労働削減の対策

青山人事コンサルティングTOP業務内容> 長時間労働削減の対策

長時間労働削減の対策

長時間労働削減の対策

多くの企業で対策が行われていますが、効果が出ていないようです。

成功している事例の共通点は、次のとおりです。

● ノー残業デーのように時間枠から入っていない
● 仕事そのものの重要度分析から入っている
● ムダな業務の破棄、重要な業務の選択と集中をしている

残業時間の強制的な禁止の事例が多い
しかし、効果が低いか、業務にマイナスの影響がでている

残業には必要な業務とムダな業務が混在
その必要性を判断せずに強制的残業の禁止に無理あり

個々の業務の重要性、自己満足、ムダの判断が必要
ムダは破棄し、重要業務を選択して集中へ

長時間労働の削減対策の流れ

重要度分析の効果

実際に次のような実績が確認されています

成功事例
残業時間が4割ほど削減できた
社員の自己満足的な残業が減少した
重要な残業に集中できた
売上高や利益は維持し、生産性が向上した
営業の訪問件数が1割から2割アップした

従来型の対策の現状

多くの企業で次のような状況が確認できます

従来型の残業削減策の事例
必要な残業ができず、社員のストレスがアップ
しばらくすると元の業務形態に戻ってしまう
業績にマイナスの影響がでた
持ち帰りの残業が増えた
休日に自宅で仕事をする者が増えた